予め警告しておきます。

この作業を進めるにつれ、貴方方は孤立するでしょう。保証します。

BSPでも言いましたが、この手の情報の信頼性を破壊するためのキャンペーンが世界の表層に張り巡らされています。多くの人はそれをうのみにし同調しそれらを揶揄し攻撃し始めます。貴方の認知的不協和はそこで利用され、もやもやが解消された気分になり、世界は元通りだと思い込むのです。

THRIVEはGAZIOでの上映会を提案しておりましたが実現する前にGAZIOは閉店しました。

それでよかったと思う。

当時なら今以上に反発されたでしょう。

迷える子羊がTHRIVEに辿り着いたようですね。

基本です。全てはそこから始まり今に至ります。

ただし認知的不協和を直撃する話題が多くあります。今全てを受け入れなくても良いでしょう。しかし全て可能性として否定せず保留しながら前進してください。やがて現在の点と点が繋がり始めます。

その後、若年ステルスは浜松に拉致され、モンスターマシンを楽器へと解釈変更するためのプロジェクトに参加させられた。

後に25歳のステルスは亀有で結成されたP-MODELを率いて四谷三丁目から出陣した。

「それはモンスターマシンでなければならず、楽器であってはならない」

と、18歳のステルスは四谷駅前で叫んだ。

リフと言えば、京都会談を思い出す。

反復はギターから自走するモンスターマシンへと受け継がれた。

的な。

このように今日はとりとめなく進む。

わあ、チョーキングよりパワーコードのリフよりかっこいい。(死語2連発)

私が今十代の多感な少年なら
伝説のロックスターを崇めて
墓参りするより、リサ・ランドールのポスターを貼って5次元参りする。

電子雲の吹き溜まりである我々がハグをしてもお互いを通り抜けないのはパウリの排他原理によるものと説明を受けたステルスの反応言語第一弾はこうだ、

互いの排他によって成り立つ抱擁。

「量子の世界では、言葉は詩のようにしか扱えない」という名言を逆引き的盗用するならば、現実の詩的究明や詩的描写の確信において量子の世界は鍵の宝庫だ。

(自分でも三回読んだ。これは午前11時の思い付きを書いている。三回読んだ勢いで投稿してしまった。すぐに削除した)

「パウリの排他律」とか言ってるけど、ちゃんと理解しているわけではない(そう、貴方の予想通り)。

休業日であるにも関わらず理髪店の回転するポールにつかまり絶叫するおじさんとその母親。

お:「おはようございます!!行ってらっしゃいませ!!」

は:「いつもファッションがいいですね!!歩き方もスっとしていて」

お:「お引止めしました。行ってらっしゃいませ。お気をつけて!!」

砂時計のウエスト曲線を描きながら上昇するペールグリーンのルビコン川に浮かび、電子制御された過去の混沌の成功例と、手書きの情緒的スクリプトによって参加人員に制御が委ねられる信頼制御による現代のとある混沌の成功例を比較考察しながらパウリの排他律舟に乗って進む水上通勤路。

Twは心意気を示さず終わる。
遠路でもなければ高額でもない。

ただTLが滝行なだけである。

言い逃げができるTwでありたい。

またこんど!!

フジロなるもの(フジロと言うな)を好む者もいればフジロの中のヒラサワのみを好む者もいるならば大枚はたく心意気に応じて

私も心意気を示す。

(二重墓穴に咲き誇る軽口)

遠路はるばる高額な入場券を求めて来場するご贔屓衆には手土産曲を用意する所存。

ひらさわ名物「墓穴」が生じた瞬間。

セトリという予震に続くのがフジロという本震である。

余震を残す本震を講じるが良いとの天声により、一度決定したセトリをチャラにした。

セトリと言うな。

Show older
アル中☆だらく部

ダウナー系ノンジャンルサーバーです